栄養成分が豊富に含まれている菊芋を摂るなら、どのタイプが良いのでしょうか。

 

ドリンクや錠剤、パウダーなどに加工されているものもあります。

 

生の菊芋を摂るなら、もちろん調理が必要です。

 

菊芋をサプリとして摂るか、食材として摂るかということですね。

 

サプリとして菊芋を摂る場合には、容量を守っていれば
副作用の心配はありません。

 

ただし生の菊芋を調理して食べる場合には、
食べ過ぎに注意する必要があります。

 

菊芋を食べたことがない人は体が慣れていないので、
二酸化炭素やメタンを体内で作りだしてしまいます。

 

ですので天然の食材とはいえ、はじめは少しずつ摂るようにしましょう。

 

 

ドリンクは菊芋のエキスを抽出したものに、レモン果汁などを加えて飲みやすくしています。

 

おもに食前や食事と一緒に飲むと良いでしょう。

 

錠剤は水と一緒に飲んだり、そのまま噛んで食べられるものもあります。
食前に摂るものが多く、記載されている容量を守ってください。

 

パウダータイプのものは、水やお湯に溶かしてお茶として飲むのが一般的です。

 

またカレーやシチュー、味噌汁や卵焼きなど様々な料理に混ぜて摂っても良いでしょう。

 

 

菊芋の効果を存分に取り入れるには、食前に摂るのがもっとも効果的です。

 

菊芋のおもな効能として血糖値の上昇を緩やかにする働きがありますので、食事によって血糖値が上昇するのを防いでくれます。

 

また食物繊維が豊富な菊芋は、便秘解消にもかなり効果が期待できますが、これに関してはどのタイミングで摂っても良いでしょう。

 

菊芋は傷みやすい野菜ですので、パウダータイプのものを料理に摂りいれるのがおすすめです。

 

パウダータイプならヨーグルトと一緒に摂ることで、腸内環境を整える効果を最大限に発揮できます。

 

その際には胃酸が多い空腹時はなるべく避けるようにしましょう。

 

どんなものにも手軽に混ぜて摂りいれられるパウダータイプが最も使いやすいでしょう。

 

⇒トップページへ