菊芋を手軽に摂取するなら、パウダーや粉末がおすすめです。

 

天然の菊芋をそのままパウダー状にした粉末で、飲みものに溶かしたり、料理に入れたりすることができます。

 

もちろん菊芋パウダーや粉末でも、ダイエット効果や便秘解消など同じ効能を期待できます。

 

菊芋パウダーや粉末はいろいろと販売されていますので、できれば純度100%のものを購入することをおすすめします。

 

菊芋パウダー 粉

 

他の成分がいろいろと入っていると、菊芋パウダーそのものの効能が半減してしまいます。

 

粉末状なので飲みやすいのは良いですが、効果が減ってしまうのでは意味がありませんからね。

 

菊芋パウダーや粉末を摂りいれる方法として、ご飯を炊くときに混ぜるという方法もあります。

 

1合につき菊芋パウダーや粉末を1~2グラム入れてください。

 

多すぎると下痢になったり、お腹が張り過ぎたりしますので量を調整してください。

 

菊芋パウダーや粉末を使うと、多少茶色っぽくなりますが問題はありません。

 

菊芋にはイヌリンのほかにさまざまな栄養が含まれています。

 

ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどが代表的なところ。

 

パウダーや粉末ならそれらを余すところなく摂りいれられます。

 

他にも酵素やセレンなども含まれていますので、生活習慣病予防やアンチエイジング効果が期待できます。

 

菊芋 ダイエット 生活習慣病 効果

 

菊芋パウダーや粉末は水溶性の食物繊維ですから、水に溶けることによってその効能を発揮します。

 

だから飲み物や料理に溶かすことは大正解なのです。

 

糖分の吸収を抑制することで血糖値の上昇を抑えたり、糖尿病がストレスとなっている人には、精神的な変化もあらわれたと言われています。

 

食べたいものを食べたいだけ食べられないストレスは図り知れません。菊芋パウダーはそんな悩みも解決してくれる糸口になることでしょう。

 

⇒トップページへ