菊芋の主成分である「イヌリン」は、水溶性の食物繊維のことです。

 

これは全植物の1/3に含まれる成分で、とても希少価値が高いと言われています。

 

また菊芋に含まれるイヌリンは、他のどんな食材とも比べものにならないくらいの食物繊維の量を誇っています。

 

菊芋 効果効能 副作用

 

しかし生の菊芋に含まれるイヌリンは、時間が経つごとにどんどん減っていってしまいます。

 

そのため生の菊芋を食べてイヌリンを摂りたいなら、鮮度の良いものを選ぶ必要があります。

 

そのため粉末になっているものなどの方が摂りやすいと言えるでしょう。

 

菊芋に含まれるイヌリンは、熱によってこわれてしまうことはありませんので、加熱調理しても問題はありません。

 

むしろ加熱した方が、土壌に含まれる細菌などを殺してくれますので、安心して食べることができます。

 

それよりも鮮度が落ちることの方が、栄養価がなくなってしまうので心配です。

 

さらに菊芋に含まれるイヌリンは、「天然のインスリン」と呼ばれていて、血糖値を下げる効果に非常にすぐれています

 

芋と聞くとデンプンが含まれているのではないかと思いますが、菊芋の場合はヤーコンと同じで、ほとんどデンプンが含まれていません。

 

そのためイヌリンは、糖尿病などの予防に効果が高いのですね。

 

菊芋に含まれるイヌリンの量は、チコリとほぼ同じです。

 

菊芋の代表的な成分であるイヌリンは、天然のオリゴ糖の一種でもあります。

 

そのため腸内環境を整えるはたらきがあるのです。

 

菊芋 腸内環境を整える

 

腸内環境が整うと便秘が解消され、お肌もキレイになるという嬉しいオマケがついてきます。

 

菊芋に含まれるイヌリンはノンカロリーの糖質で、血糖値を下げる多糖類の一種です。

 

血糖値が上がらないと、脂肪を蓄えることがないのでダイエット効果もあります。

菊芋 ダイエット 効果

このようにイヌリンは非常に栄養価が高く、様々な効果が期待できる成分なのです。

 

⇒トップページへ