菊芋の様々な効果効能・・・糖尿病の改善・ダイエットに

 

近頃話題の、菊芋をご存じでしょうか。

 

ギリシャ語で「根茎をつくる太陽の花」という意味の菊芋には、じつに様々な効果と効能があります。

 

このような容姿をしています。

 

菊芋

 

菊芋で、糖尿病予防や症状の改善ができます。

 

その理由は菊芋の主成分であるイヌリンが、糖尿病に効果を発揮するからです。

 

菊芋に含まれるイヌリンは「天然のインスリン」と呼ばれていて、血糖値を下げてくれ、つまり糖尿病の改善に大きな役割を果たします。

 

菊芋の糖尿病への効果は、中性脂肪を蓄積しづらくしたり、コレステロール値を下げたりすることです。

 

そのため生活習慣病である糖尿病に効果があるのです。菊芋は動脈硬化の予防にも効果があります。

 

糖尿病を患っている人なら、菊芋を食べたことがある人や聞いたことがある人は多いことでしょう。それくらい菊芋は、糖尿病と深く関わっているのです。

 

菊芋に含まれるイヌリンという成分

イヌリンは多糖類の一種ですが、水溶性の食物繊維でもあります。

 

食物繊維は消化酵素で消化されませんので、体内にとどまり、入ってきた食べ物によって血糖値が上昇するのを防ぐはたらきがあるのです。

 

これが菊芋が糖尿病に効果的な理由です。

 

しかも菊芋は、芋でありながらデンプンを含まないので、糖尿病に最適ということになります。

 

低カロリーでカリウムも含んでいますので、ダイエット効果のほか塩分を排出するはたらきもあります。

 

それにより血圧が正常になり、動脈硬化などの予防にもなるのです。

 

菊芋は糖尿病だけでなく、生活習慣病全般に効果を発揮すると考えて良いでしょう。

 

そのため糖尿病予備軍の可能性がある人は、積極的に食事に摂り入れることをおすすめします。

 

年々糖尿病患者は世界的にも増えていますので、予備軍は相当な数がいると考えられています。

 

もしあなたが心配しているなら、ぜひこの機会に菊芋を摂取してみませんか。

 

昔は飢えをしのぐために食べられていましたが、現代では栄養過多を防ぐために食べられています。

 

時代が変わると利用方法も変わるということですね。

 

NHK「ためしてガッテン」で紹介された「イヌリン」の腸活効果

 

NHKの「ためしてガッテン」で紹介されたイヌリンの腸活効果とはどんなものかご存知ですか。

 

菊芋 ためしてガッテン

 

腸内には糖尿病になる危険を回避してくれる細菌が存在していることがわかりました。

 

その腸内細菌は水溶性の食物繊維をエサにして活発化されます。その水溶性の食物繊維が多く含まれる食べ物が菊芋なのです。

 

菊芋に含まれるイヌリンの腸活効果は、便秘解消や腸内環境の改善はもちろん、糖尿病の予防までしてくれるのです。

 

イヌリンは天然のインスリンと呼ばれていて、血糖値の上昇を抑えるはたらきをしてくれます。

 

そこで「ためしてガッテン」では「前田の菊芋」というサプリが紹介されていました。

 

「前田の菊芋」には菊芋イヌリンが含まれていますが、他にもゴボウやチコリー、めずらしいところではダリアやタンポポにも含まれています。

 

イヌリンの腸活効果は、糖の吸収を抑えてくれる働きがあります。それにより血糖値の上昇が抑えられるのです。

 

またイヌリンの腸活効果は、腸内で善玉菌のエサになってくれることです。

 

菊芋 ダイエット 効果

 

「前田の菊芋」を摂取するだけで、イヌリンの腸活効果を最大限に発揮してくれるのです。

 

イヌリンの腸活効果は、継続的に腸内環境を改善してくれることで、便秘だけでなく美肌やデトックス、ダイエット効果までひき出してくれます。

 

イヌリンの腸活効果をひき出す「前田の菊芋」は、天然成分なので副作用もなく、動脈硬化や高血圧など糖尿病に関する合併症も予防してくれます。

 

イヌリンの腸活効果は毎日摂取することで、血糖値が上昇しにくい体質に変化していきますので、持続させることが大切です。

 

イヌリンの腸活効果がある「前田の菊芋」は顆粒と錠剤があり、最新設備によってイヌリンエキスを抽出しています。

 

イヌリンの腸活効果は医師の間でも有名になりつつありますので、欧州をはじめ世界中で注目が集まっています。